代表理事メッセージ

平素より、日本通訳士協会をご愛顧頂いておりますお客様、ビジネスパートナーの皆様、関係者の皆様、誠にありがとうございます。この場を借りて感謝申し上げます。

中国の武漢で発生したとされる新型コロナウイルスによって、世界経済が止まり、今もなお多くの方の生活に影響を与えています。その影響は日本の大企業の企業活動にも影響を与えたため、通常業務は全て停止し、その結果当協会も通訳や翻訳の業務が完全にストップする日々が長く続きました。

それでも、この時間を有効活用しようと、YouTubeを通じた英語コンテンツの発信や、ホームページのリニューアルなど、少しでもピンチをチャンスに変えるための取り組みを行っておりました。

そして6月に入りようやく、少しずつ業務が動き出してきました。

日本通訳士協会ではかねてより通訳技術の普及、通訳・翻訳業界の健全な発展、英語教育の推進に取り組んでまいりました。日本の国際競争力を高めるためには日本人の英語力を国際ランキングの中でもより高い位置に持ってくる必要があります。そのためには、ビジネスとしての論理性だけで英語教育を行うのではなく、短期的な経済性を捨ててでも長期的な社会的価値を追求する必要があります。

日本通訳士協会は規模はまだ小さいながらも、どの業界、どの会社でも通用するプロの通訳・翻訳者を育て、社会に送り出すことによって貢献し、社会からの信用を少しずつ積み重ねていきたいと考えております。

現在では、テレビ会議通訳やYouTube翻訳などの業務依頼も増え、通訳サービス、翻訳サービスに対する時代の変化を感じています。

これからも日本通訳士協会は、クライアントが求める期待を超える通訳サービスを提供し、高い付加価値を提供できる通訳サービスを通して社会に貢献してまいります。

私たちの事業に対してご期待頂きますとともに、引き続きのご支援を宜しくお願い申し上げます。

2020年6月5日

一般社団法人日本通訳士協会 

代表理事

 轟 義昭

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。