2つのV理論で英語が伸びる

2020年8月22日

日本通訳士協会では、これまで、法人企業や個人に向けてTOEICや英検、TOEFLなどの指導を行い、法人向け英語研修で3ヶ月でTOEICスコアが平均50点アップ、個人では3ヶ月でTOEICリスニング満点獲得など数多くの成果を出してきました。最近では海外留学(MBA)を目指す学生向けの英語の添削や英語指導も行っています。

そんな日本通訳士協会が独自の教育メソッドとして重要視しているものがあります。それは「2つのV理論」と呼ばれるものです。

1つ目のVは、アンクレア方式による英語教授法で指導している「ボーカライゼーション(Vocalization)」という技法です。

2つ目のVは、語彙力強化のための「語彙(Vocabulary)」になります。

この2つのVを意識して日々の学習に取り入れることにより、非常に短い期間で英語力を伸ばすことが証明されました。

今後は、この2つのV理論が、いかなるタイプの受講生なのか、母集団を増やし、その有効性を判断していくとともに、更なる英語教育・通訳教育のノウハウを蓄積し、業界リーダーとして日々そのノウハウ蓄積に努めてまいります。

今後、この2つのV理論をより学術的かつ科学的な面で有効性を研究し、公表してまいります。

FLUTEのトップページに戻る

通訳・翻訳なら日本通訳士協会

協会案内

Japan Professional and Licensed Interpreters Association

2020 ©一般社団法人日本通訳士協会 All Rights Reserved.

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。